gucchonの思考回路

ハースストーン・バトルグラウンドについて思ったことをつらつらと。

【ハースストーン・バトルグラウンド】初心者ガイド(2021/9/7)

毎週木曜日20:00~バトルグラウンド大会・ダリル杯を主催・実況しているぐっちょんといいます。

今回は、実況しながら説明するのは大変なので、これだけは知っておいてほしい「セオリー通りの動き」「BAN」

さらに、知っているとより観戦が楽しくなる「よく使われる最終構成」「どの構成でも使われるキーカード」を簡単にまとめました。

ちなみにルールを全く知らない方は、まずは公式のこちらの動画を見てみてください。

(ナビゲーターが内田真礼さん、初めてプレイするのが東大クイズ王の鶴崎さんと豪華!!)

www.youtube.com

 

 

 

セオリー通りの動きとは

1ターン目(3コイン):ミニオン1体購入

2ターン目(4コイン):グレードをあげる(グレード2へ)

3ターン目(5コイン):ミニオンを1体購入または1体売って2体購入

4ターン目(6コイン):ミニオン2体購入

5ターン目(7コイン):ミニオンを1体購入してグレードをあげる(グレード3へ)

6ターン目(8コイン):ミニオンを2体購入

7ターン目(9コイン):ミニオンを1体購入してグレードをあげる(グレード4へ)

 

この動きが、グレードも上げつつミニオンも効率的に雇えるのでよく使われます。

 

BANとは

バトルグラウンドでは、試合ごとに使えない種族が3種類ランダムで選ばれた状態でスタートします。

現在種族は「キルボア・ドラゴン・悪魔・エレメンタル・マーロック・メカ・海賊・獣」の8種類あり、その種族が使えなくなることをBANといいます。

 

よく使われる最終構成

※2021/9/4時点では、混成・挑発・キルボア構成がパワー不足のため最終構成で使われることが減りました。

それらの構成が知りたい方は昔のガイドをご覧ください。

【ハースストーン・バトルグラウンド】初心者観戦ガイド(2021/5/16更新) - gucchonの思考回路

 

ドラゴン構成

f:id:gucchon46:20210904141241p:plain

画像提供:おこた

 

f:id:gucchon46:20201219172604p:plain

画像提供:duplo

【キーカード】

f:id:gucchon46:20210904140757p:plain秘紋の守護者f:id:gucchon46:20201219172756p:plain赤のナディーナ

 

チビドラ密輸人とカレクゴスのミニオン強化を組み合わせると、画像のとおり体力100を超える盤面が作れるのが特徴。

またカレクゴスのミニオン強化は、雄叫びミニオンだったら何でもOKなので盤面のミニオン強化が非常にしやすい。

最後は、ナディーナで聖なる盾(ダメージ1回無効。画像右端のミニオンのように、見た目も光に包まれる)をドラゴン全員につければ完璧。

ただし、キーカードが一番上のグレード6のため、序盤からドラゴン構成に行く場合はチビドラ密輸人と秘紋の守護者を引いて、盤面を作れるかどうかが大事となる。

 

ドラゴン構成の注意点についてはこちら。

チラ裏メモ カレク編 - 閑人の遊戯

 

悪魔構成

f:id:gucchon46:20210904141521p:plain

画像提供:kanayoung



【キーカード】

終魔通予言者焦熱の圧鬼zzNEUTRAL_BG21_004_jaJP_InsatiableUrzul-72060_NORMAL.png腹減りフェルバット

ミニオン終魔通予言者が想像以上に活躍する悪魔構成。

仇討は決まった数の味方ミニオンが死ぬたびに発動(終魔通予言者の場合、6体死ぬと悪魔が2体手札に追加される)。

手札に加えた悪魔を使い焦熱の圧鬼や貪るウルズールを強化、あるいはトリプルにしていき、最後は腹減りフェルバットを出して全体強化で圧倒的盤面を作り出す。

 

魂喰らい魔

また、魂喰らい魔は実質タダで+3+3できるため、悪魔構成でなくても中盤繋ぎとして使い勝手がよい。

 

エレメンタル構成

f:id:gucchon46:20210904151349p:plain

画像提供:ひのっち

f:id:gucchon46:20210904142916p:plain

画像提供:あ

【キーカード】

閃光のライトスポーンf:id:gucchon46:20201219162343p:plain酒場の逆巻き風f:id:gucchon46:20201219175750p:plain

酒場のミニオンを強化できるのがエレメンタルの特徴。

閃光のライトスポーンと厨房の悪夢ノミでどれだけボブの酒場のミニオンを育てることができるかがポイント。

チビラグもエレメンタルを出せば出すほど強化ができて強力。

 

毒マーロック構成

f:id:gucchon46:20210904220322p:plain

画像提供:ホークス大好きすきすきくん

f:id:gucchon46:20210904225251p:plain

画像提供:たも


【キーカード】

SI:セブリ原始フィンの見張り番献身の英雄ブラン・ブロンズビアード

毒(攻撃すれば必ず倒せる)をミニオンにつけることができるのはマーロックの「SI:セブリ」だけだからこそ成り立つ構成。

体力が少ないと相打ちになるので、ブラン・ブロンズピアードを使っていかにマーロックを強化できるか。献身の英雄で聖なる盾をつけて、いかに毒付きマーロックを守れるかがポイントとなる。

 

メカ構成

f:id:gucchon46:20210904143622p:plain

画像提供:そろばん

f:id:gucchon46:20210905100333p:plain

画像提供:toppo

f:id:gucchon46:20210904143506p:plain

画像作成:雑草


【キーカード】

ハジキロボ自己増殖型メナスマジウザ・オ・モジュール

錆きの聖者オメガ・バスターエネミーリーパー4000

聖なる盾を何度も獲得できるのがメカの特徴。

また、盤面には出ていないが、メカは唯一「超電磁(メカミニオンと合体して効果・攻撃力・体力をそのまま強化する)」が存在する種族であり、メカに聖なる盾をつけることができるのも大きな強みでもある。

 

ハジキロボはメカを召喚する度に聖なる盾を獲得するため、ハジキロボが攻撃してからメカミニオン断末魔(ミニオンが死んだら発動する)で出るように配置するのがポイント。

錆きの聖者は味方のミニオンが聖なる盾を失った後聖なる盾を獲得するを生かし、2枚目の画像のように超電磁で聖なる盾・挑発をつけてあげると、何度も聖なる盾で相手の攻撃を受け止めてくれる。

 

少し毛色は変わるが、画像3枚目のようにオメガバスターの断末魔バフを生かして、エネミーリーパーで一気に相手のミニオンを倒していく構成も強力である。

 

海賊構成

f:id:gucchon46:20201219164135p:plain

画像提供:紅姫

 【キーカード】

ホガァァァ船長悪辣提督イライザ老練略奪屋

ホガァァァ船長の効果を生かして、海賊を購入しまくって老練略奪屋を育てていく。さらにイライザの効果で海賊が攻撃するたびに強化していく構成。

さて、最初の動画の復習! 画像の構成はホガァァァ船長のゴールデンが2体います。ゴールデンになると・・・攻撃力・体力・効果が2倍になります。

ということは酒場のミニオンを購入するのに3ゴールドかかるが、ホガァァァ船長のゴールデンが2体いるので海賊を買えば・・・

4ゴールドもらえる。宇宙です。こういうことになります。

https://www.twitch.tv/matsuri_hs/clip/AwkwardBraveMeatloafPartyTime?filter=clips&range=30d&sort=time

 

獣インコ・ゴルドリン構成

f:id:gucchon46:20210907183812p:plain

画像提供:sake


【キーカード】

インゴウインコ 巨狼ゴルドリンヨミガエラガラヘビ

f:id:gucchon46:20201219173825p:plainバロン・リーヴェンデア

画像の攻撃力・体力を見ると一見弱そうに見えますが、ゴルドリンの断末魔効果をインコで発動させる。さらに、バロンの効果で断末魔は2回発動する。さらにさらに、インコやバロンがゴールデンになれば発動回数がもう1回増える。。。

今回の画像だと、インコがゴールデン(断末魔2回発動させる)、バロンもゴールデン(断末魔は3回発動する)ということは、2×3=6回発動!! つまり強化は+30/+30!!!*1

おわかりいただけただろうか。見た目以上に強いことが。また、インコも獣なのでちゃっかり強化されます。また、ヨミガエラガラヘビで蘇り(体力1で復活)させることで、もう一度断末魔を発動させることもできます。

最後に、強化されたヒドラで両隣にもダメージを与えて一気に倒していく構成となります。

 

獣インコ・カエル構成

f:id:gucchon46:20210904223124p:plain

画像提供:おでん

 

【キーカード】

zzNEUTRAL_BG21_000_jaJP_Leapfrogger-72042_NORMAL.pngインゴウインコネズミ軍団バロン・リーヴェンデア

乗りカエルの断末魔が複数のミニオンに複数回発動して強化されまくります。

見た目以上に強いので、動画で確認してみてください。

https://twitter.com/i/status/1433626932218793985

 

また、カエル構成の詳しい立ち回りなどはこちら。

カエル学(思考整理)|toppoHS|note

・『乗りカエル』編成のいろは

https://monikiblog.site/2021/09/06/%e3%80%90hs%e3%83%90%e3%83%88%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%80%91%e3%82%ab%e3%82%a8%e3%83%ab%e5%ad%a6%e3%83%bc%e5%85%a5%e9%96%80%e7%b7%a8%e3%83%bc/

 

最後に、獣最終構成では抜けていることが多いが、中盤は愛鳥家が強力。

愛鳥家

 

キルボア混成構成

f:id:gucchon46:20210516064948p:plain

画像提供:hqna@X5

【キーカード】

NEUTRAL_BG20_302_jaJP_AggemThorncurse-70163_NORMAL.pngf:id:gucchon46:20210516063856p:plainNEUTRAL_BG20_301_jaJP_SunBaconRelaxer-70147_NORMAL.png

フラットタスク隊長を中心に血の宝石を集め、アッゲム・ソーンカースに血の宝石を使って全体を強化していく構成。特定のミニオンを引かなくても確実に血の宝石を獲得し、各種族を強化できるのが強みである。

ただし、9月頭の大型アップデートで他の種族が大きく強化されたため、相対的に弱くなった。

 

・参考動画(MATSURI配信より)

https://clips.twitch.tv/StormyStylishGnatDoritosChip-2t1udVaUPFoEjrvP

・参考ブログ(キジル博士執筆:キルボア弱体化後の勝ち方講座)

https://monikiblog.site/2021/05/14/%e3%80%90hs%e3%83%90%e3%83%88%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%80%91%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%83%9c%e3%82%a2%e5%bc%b1%e4%bd%93%e5%8c%96%e5%be%8c%e3%81%ae%e5%8b%9d%e3%81%a1%e6%96%b9%e8%ac%9b%e5%ba%a7/

 

また、地響き使いを使った混成構成を組むこともできるが、永続強化ではないので注意が必要。

地響き使い

f:id:gucchon46:20210516072641j:plain

画像提供:しんだ

 

構成に関係なく使われるカード

ブラン・ブロンズビアード

ブラン・ブロンズビアード

盤面のミニオン強化は雄叫び(盤面に出したときに効果が発動)ですることが多いため、強化が2倍になると考えると強力なことがわかるだろう。

 

バロン・リーヴェンデア

バロン・リーヴェンデア

こちらは断末魔を2回発動させる。主に獣・メカ(オメガバスター)・献身の英雄(聖なる盾付与)のために使う。

 

アマルガドン

アマルガドン

唯一適応(+1/+1強化、+3/+0強化、+0/+3強化、断末魔で1/1トークン2体召喚、挑発、疾風(2回攻撃)、聖なる盾、猛毒のいずれかがランダムで選ばれる)をもつミニオン

種族が全てというのもポイントで、毒や聖なる盾をつけることもできるし、どの構成にも入れやすい。

 

不安定なグール

不安定なグール

序盤は来てほしくないが、終盤輝くカード。

全てのミニオンの聖なる盾をはがせるため、相手に聖なる盾ミニオンが多い場合は全力で探しに行く。特に一騎打ちのときは要注目。

 

横死の胞子

横死の胞子

1体確実に殺します。

 

 

もちろん、そのとき酒場に並ぶミニオンやヒーローによって、あえてセオリー通りの動きをしなかったり、最終構成もこの通りになるとは限りません。上位プレイヤーほど臨機応変な動きをします。

そこが面白いところでもあるので、配信者または大会に出る選手がどういうふうに立ち回り、何を狙って勝ちにいくのかも楽しんでいただければと思います。

 

大会告知

最後に私の主催する大会になりますが、毎週木曜20:00~誰でも参加可能なバトルグラウンド大会・ダリル杯を開催しております。大会告知はTwitterで行っております。

f:id:gucchon46:20210516075220p:plain

画像作成:乳酸

大会配信:https://www.twitch.tv/gucchon

このガイドを参考にバトグラ観戦も楽しんでいただけると幸いです。

twitter.com

 

 

 

 

 

おまけ

f:id:gucchon46:20201219215230p:plain

画像提供:ルート


もうひとつの海賊構成。ただ、文字で説明するには大変なのでモニキ兄貴任せた!

youtu.be

 

上記以外にもみなさんのご協力のおかげで様々な最終構成画像が集まりましたので、特徴的なものを貼っていって終わりにします。

興味がある方は、公式サイトでカードの効果を見ながら「どうして1位になれるほど強化できたのか、強いのか」考えてみてください。(私も実況に向けて勉強になりました!画像提供してくれたみなさま、ありがとうございました!!)

 

playhearthstone.com

 

 

f:id:gucchon46:20210904225358p:plain

画像提供:MUHUNU YUGI

f:id:gucchon46:20210323095641p:plain

画像提供:どらえもん

f:id:gucchon46:20210904225505p:plain

画像提供:おこた

f:id:gucchon46:20210904225810p:plain

画像提供:ゴリ@年収0円

*1:ゴールデンになると増える量が2倍となるというふうに考えるとスッキリします。例えばバロンだと、断末魔がもともと1回増えるのが2倍になって、増える量が2回になる=断末魔が+2回で3回発動になります。